News

屋根・瓦工事・漆喰工事のご質問

屋根リフォームのご質問

Q.屋根材の取り替えはどのくらいで行えばいいですか?

A.材料により差はありますが、10年~15年くらいたてば割れやずれなど点検して、葺き替えを検討したほうがいいでしょう。その際は、下地材の状況により下地の貼り替えも必要です。
また、雨樋もあわせて点検し、補修・取替したほうがいいでしょう。
既存の屋根の状況によりますが、下地がしっかりしている場合は現状の屋根材の上から重ね葺きできる屋根材もあります。
お気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

Q.屋根や外壁の傷みが気になるのですが?

A.屋根や外壁など、外廻りの塗装は3年から5年位で点検することが大事です。塗り壁の外壁や木製の破風(外観の見栄えをよくするために用いる隠し板のこと)は、塗り替えるだけでなくサイディングや亜鉛鉄板葺きに替える方法もあります。
瓦の破損やずれが原因で雨漏りが起きている瓦屋根は、その機会に耐震性も考慮して軽い屋根材に替えるのもよいのではないでしょうか?
窓や雨戸などの木製建具は、アルミサッシに取り替えた方がメンテナンスが楽になります。
また、セメント瓦からカラーベスト葺へ屋根材をかえると外観がきれいになるだけでなく、建物の荷重が小さくなり耐震性も高まります。

瓦工事のご質問

Q.漆喰等が気になっています?その他瓦のずれが気になります。

A.漆喰が痛んで崩れていたり、瓦がずれているのはリフォームした方がよいでしょう。
専門家のいる弊社にお任せください。お気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

Q.瓦が傷んでるから葺き替えたいんだけど?

A.瓦も多種多様に種類が御座います。傷み具合により葺き替える必要のない場合もございます。
まずはお気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

Q.瓦を葺き替えて軽くしたいけどできますか?

A.もちろん可能です。まずは現地の状況を見せて頂き、多種多様に御座います種類屋根材をご一緒に打ち合わせしてプランをご提出いたします。
まずはお気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

漆喰工事のご質問

Q.瓦の漆喰部分が崩れています。一般的に何年位にやりかえた方が良いのですか?

A.基本は10年前後になります。気になる箇所が御座いましたら無料現地調査をご依頼ください。
お気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

Q.漆喰が崩れていると訪問販売の飛び込みの営業が来るんですが、飛び込みではなく専門会社に依頼したいのですが?

A.弊社リフォー夢プランショールームは地域密着型ですので、安心でご相談頂けます。
そのようなお客様から市の「暮らしのガイドブック」等を見てお問合せや、ご来店の上ご相談が多々ございます。
実態のわからない会社では不安等ございましたら
お気軽に弊社リフォー夢プランコンサルタントにご相談くださいませ。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>