News

おトクにリフォームする方法

お得にリフォームする方法

1.メンテナンス費用が2割は安くなるリフォームのタイミング

一般の木造住宅は、入居してからの年数が経過するほど老朽化・経年劣化によっていろいろ問題が起きるものです。雨漏りや壁のひび割れ、床の破損、ドア等建具の破損、水まわりの不具合など、問題を挙げればキリがありません。時間の経過とともに発生する問題に対し適切な対策をとり、対処していくことこそが、修繕費用を安くし、快適な住まいを実現していく秘訣であるといえるでしょう。

 例えば、壁紙の小さな剥がれなどは自分で簡単に補修することができますが、極端な話、これが壁一面の下地がまるまる露出するほど大きな剥がれになってしまったとすると、やはりプロに直してもらわなければならなくなります。修繕が必要な部分を見つけた場合は、「まだ大丈夫だから」などと後回しにせず、後々のことも考えて早目に対策をしてください。これがメンテナンス費用を安くする秘訣です

2.新築が30%OFF!?大規模リフォームで理想の住まいを入手する方法。

リフォーム会社に頼めば現在の住まいを劇的に変えてしまうことだってできてしまいます。(ご存知の人も多いかと思いますが、大改造劇的ビフォーアフターと言うテレビ番組がありますが、あれはまさにこの典型です。)

 強度の問題や法的な制限はありますが、それらの制限の多くは住まいの広さ(大きさ)に関するものです。一定のスペースの中でなら、かなり自由に建物を変えることができます。ですから、この手法を逆手に取り、新築を作るよりもまず、中古の家を購入して大規模リフォームを行い、結果的に新築より安く、理想の住まいを手に入れてしまうという言う方法を使うことができます。

 最近は実際にそう言った現場に遭遇することが増えてきたような気がします。リフォームはこれから家を建てようとしている人にとっても、理想の住まいを手に入れるための最短ルートになるともいえるのです。

3.限られた予算で最大限に効果を発揮!1点豪華主義リフォームその秘密

リフォームの中で、効果が一番顕著に現れるのが何と言っても床です。特に見た目の差が出やすいのがフローリング材で内装リフォームを行う時、
コストダウンのためにフローリング材のグレードを落としたら、なんか全体的に安っぽく見えるようになってしまった。と、後悔してしまったというケースは非常に多いです。実は、部屋に入った第一印象で高級感を感じるかどうかは、床材によって決まる部分が大きく、それに比べて壁材は、色合いや機能に注目が集まるのです。特にフローリング材は、その質感が部屋のグレード感に大きな影響を与えるので、そのもののグレード、デザイン等には十分こだわりたいところです。

4.同じリフォームでも発注の仕方で安くなる驚愕の秘密

リフォームコストを抑えるいくつかの方法は前述した通りです。ここでは同一内容のリフォームでも発注方法により価格が安くなる方法をお教えします。

 まず第一に、リフォームする部分を限定して発注することです。これはプランニング時にリフォームの優先順位をしっかりと決めておくことで、
予算に合わせたベストなリフォーム内容を実現できるコストパフォーマンスの高い発注方法です。

 次に、材料費を抑えるという観点から考えたコスト削減方法です。一般的に工事の際必要になる資材は、ケース単位で発注することが常です。
種類が増えれば増えるだけ余分な材料が増え、原価が増えてしまう結果になります。例えばリビングと寝室のクロスを同じものにすれば種類が減り、
その分の材料費を抑えることができます。このことで工事原価が下がり、工事単価も下がると言うわけです。

 また細かなリフォームを何度もおこなうよりも、複数の場所を一度にリフォームした方が安く済みます。このことも材料費と考え方は一緒で、同じ現場に職人さんが2度足を運ぶより1度で済ませた方が人件費が安くなるという原理です。このように、同じ内容のリフォームであっても発注の工夫1つで単価が安くなるので、こういった考え方に基づいてプロと相談してみるのもよい方法でしょう。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>