News

耐震リフォーム

あなたの家は大丈夫?戸建木造住宅の約40%が耐震不足です。

現在の戸建木造住宅のストック数約2,340万戸の内、耐震基準が改正された昭和56年(1981年)以前に建てられた約925万戸(約40%)が耐震性が不十分とされています。
※平成15年の住宅・土地統計調査(総務省)を基にした国土交通省推計

次のような場合は、地震時に建物に「ねじれ」が生じ、倒壊の恐れがあります。 耐震リフォームを検討しましょう。

●アナタのお住まいをご確認ください。

 昭和56年以前に建てられた家である
   1階がピロティや車庫になっている
   南側に窓が多く壁が少ない
   基礎に鉄筋が入っていない

耐震リフォームの進め方、ノウハウ。

Step 1. 現地調査

経験豊富なリフォームエンジニアがお住まいの状況を詳細に調査します。
   間取り・開口
   天井高さ・階高・軒高
   外壁・内壁仕様
   屋根仕様・勾配
   地耐力

   各部の劣化度 など

Step 2. 耐震診断

耐震診断ソフトに入力し、厳密に診断結果を出します。耐震力を数値化。不足している場合は、どのような方法で補強するかをご提案し、同時に費用を算出します。

Step 3. 確実な施工

専門の技術者が契約内容に則して確実に施工。これまで培ってきた高い技術力とオリジナル耐震技術などを使い、安心の耐震リフォームを実現します。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>