News

バリアフリー

バリアフリー

手すりの設置や段差・温度差の解消など、要所要所に必要なバリアフリー設計を施すことで安全で快適な暮らしを実現します。また、介護される方の配慮は当然のこととして介護する立場の方が楽に介助できるような工夫と知恵を提案させていただきます。スロープを採用し段差を極力減らします、歩きやすい様に手すりも設置し、優しい玄関口を導入しましょう。 数ミリの敷居の段差でも、つまずく原因になるので、手すりを設置し転倒防止します

 

ドアを引戸に換えることで、自力でのドアの開閉を促すことができます。構造・幅員・移動スペースを確保することも必要です。 廊下は、車イスで移動をすることを念頭にできるだけ突起を無くすデザイン。 トイレは、衣類の脱着スペースを広くとり、自力で方向転換や体を支える手すりを設置。

 

浴室では、出入り口の開口幅の確保や、浴室の床のすべり止めや入浴時用に手すりを設置。 安心して入浴できるように、浴槽の大きさやボタン付シャワーなどに配慮し、快適な入浴が行えるようになります。

 

キッチンは、流し台の下に蹴込みを創ることによって車いすでも作業しやすくなります。 「移動スペース」や「効率の良い動線」の確保によって、ゆとりあるキッチンにリフォーム。 使う人の高さにピッタリ合わせたキッチンカウンターや安全性の高いIHクッキングヒーターで、楽しくお料理できます。

介護保険制度について

●介護保険公的補助を賢く利用しましょう。

住宅改修は最高20万円までの補助が受けられます。 介護保険では、介護のための住宅改修に最高20万円(1割自己負担)まで支給しています。 各自治体では、これとは別に住宅改修に対する助成金を支給しているところもあるのです。 住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく最高20万円(消費税込)までとなっています。つまり、リフォーム費用のうち、20万円分までは支給申請することができます。 ※1割は自己負担となるため、実際の保険給付額は18万円までとなります。 ※住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき、1回限りですが、要介護度が3階級以上あがった場合や、転居の場合には再給付が受けられます。また、分割利用も可能です。

●介護保険の給付条件

給付対象の工事や用具

●工事(対象工事費:20万円まで)

手すりの取り付け
段差の解消
滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
引き戸等への扉の取替え
洋式便器等への便器の取替え
その他全各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

●用具(毎年4月~翌年3月までの1年間で10万円まで)

腰掛便座(ポータブルトイレ)
特殊尿器
入浴補助用具(浴室内すのこなど)
簡易浴槽(取り付け工事をともなわないもの)
移動用リフトのつり具の部分
和式から洋式便器などへの取り替え
介護認定
※市区町村に申し出て、要支援、要介護(1~5)の認定を受けてください。 工事費の全額支払い

●介護保険の給付申請(各市町村)

※要介護認定から給付申請についての注意点
介護保険制度工事費用の給付は、工事費全額を支払ってから9割の給付を受ける制度です。
工事が給付対象のものである必要があります。
給付対象になる工事かどうかをケアマネージャーなどの専門家に確認しておきましょう。また、申請の際に必要な「住宅改修理由書」の作成は、居宅介護支援事業者等に所属する介護支援専門員または作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級以上等の有資格者に限られております。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>