News

リノベーション

リノベーションとリフォームの違い

●リノベーションって何だろう?

リノベーション「Renovation」とは英和辞書を引くと「改善」や「修復」を意味し、リフォーム「Reform」と言葉の意味で大きな差は見られません。
日本では風潮として、デザイン性を重視したリフォームのことを「リノベーション」と呼ぶことが多い現状です。
何を持って「リフォーム」と「リノベーション」は区別されるのでしょうか。

リノベーションとリフォームは全く違う言葉というわけではありません。

●リフォー夢プランでは、こう解釈をしています。

「リノベーション」は「リフォーム」に含まれており、現状回復をベースとした『修復』と『付加再生』のことをいいます。
例えば新たに、屋根に太陽光パネルを設置したり、石油ボイラーをエコキュートに交換することは「リノベーション」。
壊れたキッチンを新品に取り替えたり、汚れたクロスを貼り替えを含めて「リフォーム」と呼んでいます。

つまりは、「リノベーション」はリフォームの役割に「安心・安全」と「付加価値」を追加した『付加再生』と位置づけています。

決して安くはない施工費用を住まいへの投資と捉えると、「検査」によって建物の安全性を事前に確認、把握しておくことにより、施工が完了してから間もないうちに水漏れなどのため、費用がかかってしまうような事態は避けられます。「リノベーション」にはデザインによる付加価値の創造と建物自体の安全性を再構築する2つの要素が必要だと考えます。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>