News

屋根・瓦工事・漆喰工事

屋根

屋根は年間を通して、常に雨・風・雪・紫外線等にさらされ、厳しい自然環境によって、汚れや劣化・風化していく状況下で私たちの大切な家屋や生活を守ってくれています。そんな屋根もほおっておけば、雨漏りや自然災害による破損や落下が起こりえる可能性があります。数年単位で屋根のチェックを行い必要があればメンテナンスや補修をしたほうがよいと思われます。

瓦工事

近年、頻繁に起こる大地震の被害状況から注目されていることの一つに、屋根材による家屋の負担が上げられております。なぜ大地震の倒壊に屋根が注目されているのは、屋根の重量が大きくかかわっているからです。一般的な住宅の瓦屋根の重量は約6トンといわれており地震の揺れに対して左右に大きく振られてしまいます。この時重量があればある程この振幅は大きくなります。このため耐えきれなくなった家屋の柱が折れてしまうという現象が起こり、倒壊の原因になります。この対策として、軽量瓦や金属瓦に移行することをお勧めいたします。従来の瓦に比べ軽量瓦で約6分の1金属瓦で材質にもよりますが、約10分の1になります。もちろん瓦自体はしっかりと屋根に固定されますので瓦の落下等の心配はありません。地震対策のトップ項目としてご検討されてはいかがでしょうか。

漆喰工事

瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。
漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。
漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があります。
状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>