News

お風呂

お風呂

一人でゆったりとくつろぐ、または家族と一緒に楽しみながら入浴。そんな空間をリフォームでこだわりの演出をしてみませんか。
それから、将来のご家族のために手すりをつけるための下地工事をしておきましょう。あとから手すりを付けると大変費用がかさみます。
一度に工事しておけば、取り付け費用のみになり結局安上がりになります。
それでは、お風呂を選ぶときの4つのポイントをお教えしましょう。

お風呂リフォーム4つのポイント

1.使いやすさ

システムバスでは、簡単操作リモコンで「空焚き・沸かしすぎ・お湯があふれる」というような心配がありません。お風呂が沸くとお知らせ機能も付いてます。

2.掃除のしやすさ

排水口は、とっても掃除しやすくなっています。今まで触るのも嫌だった「髪の毛ヘドロ」も手を突っ込まずに簡単お掃除できます。また、浴槽もキズつきにくい材質で表面が滑らかなのでゴシゴシこすらなくてもきれいになります。

3.広さ

足を伸ばして入りたいというご主人。孫と一緒にお風呂に入りたいと願うおじいちゃんやおばあちゃん。ゆったりバスタイムを楽しみたいですね。浴槽や浴室の広さは、お風呂リフォームの重要なポイントです。

4.安全性

「子供が浴室でふざけてすべって転んで大けがしちゃいました。」あぶないですね。

今は、水はけもよくすべらないうえ直接座ってもあまり冷たさを感じない浴室用床材が一般的です。

ご高齢者がいる場合、今は大丈夫でも手すりは必需品です。

【施工対応エリア】

<群馬県全域>

<埼玉県全域>